おりょりょ日記


趣味の釣りメインのブログです\(^▽^@)ノ 近年はボートエギング(スパイラル釣法)を中心に、いろいろなルアーフィッシングを堪能しております。現在、あわび本舗のモニターです(^^)v
by jun1030.
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク
フォロー中のブログ
タグ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:あわび本舗( 8 )


クロックスにアワビッツ!?

先日、写真を掲載したこれ↓
d0087388_22244863.jpg

クロックスにつけるジビッツの土台というのを購入してアワビ仕様にできないかと挑戦してみました(^ー^)ノ

以前のブログ『あわびシートでデコ電!?』と同じ事なのですが、今回はたまたま家にあった直径9mmのクラフトパンチで型を抜き、UVレジンでもっこりと仕上げてみました(^^)

新しく購入したクロックス(クロックバンド)に装着するとこんな感じ。
d0087388_22445889.jpg

もう一方はスパイラルをイメージしたスイーツデコをセメダインでくっつけてみました(^^)
d0087388_22505379.jpg

ええおっさんが女性ばかりが集う手芸材料店(天王寺のABCクラフト)でアツくなってしまいましたわ(;^_^A

ちなみに、ブラックライトがあるお店に行ったらこんな感じです。
d0087388_2315170.jpg

次はどんなのを作ろうかなぁ~(^v^)

d0087388_23225184.jpg

アワビシートの詳細はこちら→あわび本舗(ダミキジャパン)
[PR]

by jun1030. | 2010-05-08 23:06 | あわび本舗

2010アワビモニター発表!!

2010 ダミキジャパン・あわび本舗ブログにて、本年度のアワビモニターの現段階で確定している方(一部のみ)が発表されたのですが・・・
d0087388_23324964.jpg


おかげさまで当選させていただきました(^ー゜)ノ

狭き門と言われたアワビモニター選考会にて、大好きなボートエギング(スパイラル釣法)に信念を貫き通したことが功を奏したのかもしれません(^^)

若輩者ながら、アワビシートを通じてより多くの魚や釣り人との素晴らしい出会いを多くの方に広めていけたら嬉しいなと思っています。


で、嬉しいついでに新しいアイテムを量産中\(^▽^@)ノ
d0087388_23541748.jpg

何だかわかりますか??(^^)
[PR]

by jun1030. | 2010-04-30 23:59 | あわび本舗

エギのカラー、アワビシートのカラーについて

アオリイカはどれだけの視覚をもっているのか?



ある研究では、アオリイカは色覚(色を識別する細胞)が無いということから全色盲で、色はモノクロの濃淡差として表現されることと、明暗に反応する細胞は備えているので、海水中で最も減衰しにくい(青から緑の光)の波長を最もよく吸収するんだそうです。

なので僕は、カラーというよりも、濃淡、コントラスト、シルエット、キラメキを重要視してるんです。

エギングを始めた当初はカラーであーだこーだと悩みましたが、イカ先生とご一緒させてもらってからは、ディープ攻略の特効薬でも書いたように、カラー選択の前にやるべき要素がたくさんありすぎてカラーは二の次になったのは事実です。

だからといって何でもいいでは釣りが楽しくないのと、好みのカラーから生まれる集中力であったり、アワビシートによるアピールというのは釣果アップにつながるものだと信じてます\(^▽^@)ノ

で、僕のカラー論ですが、ボートで広範囲をチェックしていくのと、魚探にベイト反応がなくても釣れることからマッチザベイトというよりもリアクションバイトで抱かせたいと考えています(^^)

とりあえず目立つ!発見されやすい!って感じですね(^ー゜)ノ

エギのカラーについてはシンプルに、ゴールドベースによる背と腹のフラッシング効果であったり、レッドベースによるシルエット効果なんてのを考えています。

そこにアワビシートでのプラスαです。

まず定番の背にはコントラストを出せるカラー(ピンクにブラック系等)と、馴染みやすいナチュラル系を中心としています。
d0087388_063531.jpg

そしてフォールでアピールすることの可能性でも書いたように、フォールでよりアピールさせたいと思い、数年前より腹部にもアワビシートを貼っていますが、模様や柄があるようなタイプ(マーブりん)や、最近はグロー系を好んで使用しています。
d0087388_0115958.jpg

あくまでも個人的な考えですが、光量の少なくなる深場や濁りのある状況で、キラッとした反射や輪郭をはっきりさせることはすごく有効じゃないかと思ってます。

つづく・・・
[PR]

by jun1030. | 2010-04-14 22:25 | あわび本舗

フォールでアピールすることの可能性

僕がエギにアワビシートや超ケイムラコートを施す理由の一つフォールでアピールさせたいというのがあります。
d0087388_21365169.jpg

HPが新しくなりました→あわび本舗

僕がメインとしているボートエギングでの個人的なアワビシートの考え方はこちら→ディープ攻略の特効薬


ここでいうフォールというのは、エギが着水してから着底するまでの間のことで、アクション後のフォールはまた別としておいてください。

そう、スパ釣でいうとエギマルが真っ逆さまに急降下して着底するまでです。

そこって重要?

とか言われそうですが、僕の勝手なイメージなんでお暇な方はお付き合いを(;^_^A

スパ釣では着底→ハイピッチ二段ジャーク→テンションフォール(水平移動)が1セットで、アタリがなければフリーフォールで着底させるという一連の流れですが、1セット目にアタリがあることが多く、早い段階で反応があるように思います。

状況やポイントにもよると思いますが、船が流れないからと上記を5セット繰り返してもあまり釣れたイメージはないんです。

そこで、

ちょっと古い雑誌に水族館でアオリイカを飼育している方の記事がありました。

水槽では毎日同じ環境で飼育されていて、水温は18℃でエサは死んでいるキビナゴ。

自然界とは違うかもしれませんが記事で注目した部分は…

アオリイカは好奇心旺盛で、お腹がいっぱいでもとりあえず抱きつくという習性がある。

エサを水槽に入れた途端、距離があるところで別の方向を向いていても一斉にエサのほうへ目を向けることから視力は良く上下前後左右のどちらでも見えている。

その中でも興味を示すのは自分より上の位置にあるもので、海面に落としたエサに敏感な反応を示すアオリイカは落ちてくるエサから目を離さない。

という内容からすると、捕食だけではなく、海面から落ちてくるエギに反応して追いかけ、エギが動くとリアクションで抱きついてしまうということが考えられるのではないだろうか。

そこで、アワビシートによるコントラストの変化や、紫外線に反応する超ケイムラコートの効果で、より遠くにいるアオリイカにアピールできれば釣果アップにつながるのではないかというわけです(^^)v

つづく・・・
[PR]

by jun1030. | 2010-04-10 21:37 | あわび本舗

ディープ攻略の特効薬

ディープ攻略の特効薬
『超ケイムラあわびシート』

d0087388_08396.jpg

こんなタイトルで有り難くもあわび本舗のカタログに載せていただきました。

だからなのか、

「アワビシートってホントに効果があるんですか?」

と、よく聞かれますが

「まぁ、僕は全てのエギにアワビシートを貼ってるから毎回爆釣なんですよね。」






言ってみてぇ~(笑)


で、実際はどうなのかと。


まず最初にエギングとアワビシートについての僕の個人的な考え方を少々。


エギングでイカが釣れる要素で一番重要なのはポイントだと思ってます。

一言でポイントと言いましたが、イカのいないところでいくらエギをしゃくっても釣れないのは当然ですし、日本海側や太平洋側の地域から同じ湾内でも季節、地形、水深、水温、水質、潮の流れ、潮の満干…など、同じ場所でも日々変化があるように、いろいろな要素を含めてのポイントということです。

次に重要だと思うのがアクション

これまた幅広く、エギの動かす技術からアタリをとる技術ロッドのバランスラインの太さエギの形状など…

その次にやっとエギのカラーアワビシート、超ケイムラの有無なんてのが加わってくるんじゃないかと。

えっ、それじゃ、アワビシートってあまり重要視してないんですね。

とか言わないの(笑)


では、大雑把にポイントとアクションと言いましたが、僕がメインとしているボートエギングだとどうでしょう?

同船者とは多少の差はあれどポイントは同じですし、スパ釣メンバーとなるとエギ、タックルを含むアクションまで似通ってきます。

ここで、アワビシートやケイムラの有無で釣果に圧倒的な差が出たらどうでしょう?

過去にアワビシートや超ケイムラコートの有無で何度も説明のつかない釣果の差を経験しております。

例えば2008年9月、あわびモニター仲間のとーたま氏の船であわび本舗近藤社長とご一緒させていただいた時のこと。

その時のブログはこちら→満喫ボートフィッシング!!

当日は秋イカの数釣りシーズンにもかかわらず、低活性なのかポツポツとしか釣れない状況でした。

まったりとした時間を過ごしている時、近藤社長がおもむろにカバンから当時発売前だという『ブラックスター/グロー』を取り出して使ってみてはと。
d0087388_031387.jpg

するとポイントを変えたわけでもないのに連チャンでヒットし、その様子を見ていたとーたま氏がエギに貼ると3連続ヒットということがありました。

たまたま時合だったり、イカがたまっている上を船が流れたんじゃないのかと言われても仕方がないですが、あまりにも違和感?のある変化だったように思います。

このアワビシートはスゴいねと二人で興奮してる時に、近藤社長は船酔いでダウンしてましたけど(;^_^A



他にもいろいろと経験したことから、僕はボートエギングがメインなので、光量が少ないとされる深場でのアワビシートによるコントラストや紫外線に反応する超ケイムラコートの有効性をシンプルに検証していきたいと考えています。

それが立証されれば、陸っぱりや他魚種にもつながってくるんじゃないかと・・・


要するに、

エギにアワビシートを貼らなくてもイカは釣れます。

しかし、アワビシート、超ケイムラコートは何かのスイッチで爆釣してみたり、誰もが釣れていない厳しい状況での1杯や、同じ状況下で人より1杯でも多く釣ることができる未知の可能性を秘めたアイテムだと考えてます。

釣りに絶対はない!!

だからこんなに楽しくてアツくなれるんじゃないでしょうか?

若輩者ながら、そんな楽しさを少しでも皆さんにご提供できたらなと試行錯誤しております\(^▽^@)ノ
[PR]

by jun1030. | 2010-03-28 00:12 | あわび本舗

あわび本舗のモニター選考会

いつもお世話になっているあわび本舗/ダミキジャパンモニター選考会を行っている。

詳しくはこちら→ダミキジャパン・あわび本舗Blog・ニュース2010~

僕も若輩者ながら2007年よりアワビモニターをさせていただいてますが、アツい気持で再応募しました(^ー゜)ノ

d0087388_0475042.jpg


2007年に応募した時と変わらず、今回も本業!?のスパイラル釣法を中心としたディープエギング(水深のあるポイント)でのあわびシート超ケイムラの有効性を検証していきたいのと、昨年に取得した船舶免許によって活動の主となるレンタルボートではダミキジャパンの商品でいろいろな魚種をゲットしてやろうといった内容で応募。

ようはスパイラル釣法と、エギングタックル等の流用でリーズナブルに楽しめる釣りを紹介できたらいいなと言うか、僕が楽しみたいというわけです(;^_^A

d0087388_0484690.jpg
(写真は個人で購入したものも含んでます)

で、サンプルが発送されてきたら製品に関しての使用感や釣果を1週間以内にブログアップして下さいとのことなので、やる気満々で昨日(15日)に88Egidourakuさんと尾鷲のフィッシングオザキさんへ行ってきました\(^▽^@)ノ

サクッとデカアオリをゲットして、サンプルでいただいたマウステンヤで鯛や超まうすりんで根魚でもゲットできたらいいブログが更新できるなと・・・

まあ、世の中そんなに甘くはないです(;^_^A

急激に水温が下がったのが影響したのかわかりませんが、いろいろなポイントで水深も5m~40mほどまでチェックしたのですがアオリイカに出会えません。

数時間経ってやっと小魚?がつついたようなアタリがあり、合わせてもヒットしなかったのでそのままフリーフォールで着底をし、エギの移動距離を抑えた地味なアクションでやっと念願の1杯目をスパ釣でゲット!!
d0087388_1283944.jpg

エギマル3.5D(メタピンクマグマゴールド) 背パイロットブラック 腹マザーナチュラル 超ケイムラブルー(あわび本舗)

しかし、これが突破口にもならず、他魚種にも挑戦したのだが何も獲ることなくタイムアップとなってしまった(*ノ-;*)

僕達の船を合わせて5艇出船(10名)で5杯しか釣れてなかったという厳しい1日とはなってしまいましたが、新たな出会いもあり充実した1日でした。

気になったことや試してみたいことがいくつも出てきたので、また次回リベンジしたいと思います!

みなさん、ありがとうございました\(^▽^@)ノ


本日、家族でショッピングしていてゲットした芋焼酎のアテに、高級アオリイカとなった1杯は美味しくいただきました(^^)v
d0087388_152541.jpg

[PR]

by jun1030. | 2010-03-17 00:58 | あわび本舗

あわびシートでデコ電!?

先日のフィッシングショーのあわび本舗ブースでときめいた(^^)
d0087388_13433217.jpg

もっこり?ミッキーに、くぼっち館長ラメコートあわびシート。

家に帰って嫁に見せたら、所有しているジェルネイルキットでできるんじゃない?ってことで挑戦してみました\(^▽^@)ノ
(ジェルネイルとはゲル状の樹脂をUVライトに照射して硬化させるものです)

まずはあわびシートをクラフトパンチで型を抜くか、ハサミやカッターで好きな形に切ります。

そこにジェル投入!!
d0087388_13562138.jpg

そして、あわび本舗から発売されている超ケイムラチェッカー(強力UVライト)を1分~3分ほど(ジェルの種類によって違うみたい)当てて硬化させます。
d0087388_13593945.jpg

後は携帯電話に貼るだけ(^ー^)ノ
d0087388_1403426.jpg

隠し味に超ケイムラアワビコートを塗って、UVライトを当てたらこんな感じに(^v^)
d0087388_144211.jpg

ちょっとやってみたくなっちゃいましたか??(^^)
[PR]

by jun1030. | 2010-02-15 14:07 | あわび本舗

ダミキジャパンのサンプル引換券

前回紹介させてもらったフィッシングショー大阪でのプレゼント企画とは・・・

ダミキジャパンより闘魂ジグ/チヌまうすりん/まうすりんのサンプル配布が行われるとのこと。

その3つの中から、僕が1番興味のある1つを選ばないといけないのだが・・・(;^_^A

やはり、イカ先生が小浜で炸裂させていた闘魂ジグ
d0087388_265344.jpg

製品説明はこちら
小浜での動画はこちら

と言いたいところですが、やはり王道のまうすりんにします(;^_^A
d0087388_2103758.jpg

あわび本舗社長とのアコウダブルヒットから、ガシラシーバスなどを釣らせてくれた僕の大好きなルアー(^ー゜)ノ

製品紹介はこちら

で、引き換えのルールは・・・
d0087388_2165948.jpg

↑この画像を

プリントアウトして当日スタッフに渡す。

携帯に画像を保存して当日スタッフに見せる。

いずれかの方法でサンプルを受け取って下さい。

ただし、配布時間を決めてお渡しします。

今のところの予定では、

10:00~ 
闘魂ジグ/STUFF 上原寛
d0087388_003453.jpg

当日はこの格好ではないらしいです・・・(;^_^A

10:30~ 
チヌまうすりん/STUFF 大久保尚志
d0087388_0359.jpg


11:00~ 
まうすりん/STUFF 竹村茂
d0087388_015124.jpg



【午後の部】

12:30~ 闘魂ジグ/STUFF 上原寛

13:00~ チヌまうすりん/STUFF 大久保尚志

13:30~ まうすりん/STUFF 竹村茂

ただ貰うだけでなく、せっかくのチャンスなので、

それぞれのスタッフに使い方等聞いてみてくださいね!


午前と午後の2階のチャンスがあります。

なお、数量はそれぞれの回で50~100個程度を用意しております。

無くなり次第サンプル配布は終了とします。

また、当日トラブル等の不測の事態が起こった場合は配布を中止する場合もございますのでご了承をお願い致します。


また、上記配布時間は現在のところの予定ですので、

当日ブース内に掲示しているスケジュールが正式なものとなります。


闘魂ジグチヌまうすりんが欲しい方は、あわび本舗ブログのリンクより他のテスター(モニター)さんのブログもチェックしてくださいね\(^▽^@)ノ

あわび本舗ブログはこちら

行かれるみなさんはしっかりゲットしてきてくださいね\(^▽^@)ノ
[PR]

by jun1030. | 2009-02-02 00:13 | あわび本舗