おりょりょ日記


趣味の釣りメインのブログです\(^▽^@)ノ 近年はボートエギング(スパイラル釣法)を中心に、いろいろなルアーフィッシングを堪能しております。現在、あわび本舗のモニターです(^^)v
by jun1030.
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク
お気に入りブログ
タグ
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2010アワビモニター発表!!

2010 ダミキジャパン・あわび本舗ブログにて、本年度のアワビモニターの現段階で確定している方(一部のみ)が発表されたのですが・・・
d0087388_23324964.jpg


おかげさまで当選させていただきました(^ー゜)ノ

狭き門と言われたアワビモニター選考会にて、大好きなボートエギング(スパイラル釣法)に信念を貫き通したことが功を奏したのかもしれません(^^)

若輩者ながら、アワビシートを通じてより多くの魚や釣り人との素晴らしい出会いを多くの方に広めていけたら嬉しいなと思っています。


で、嬉しいついでに新しいアイテムを量産中\(^▽^@)ノ
d0087388_23541748.jpg

何だかわかりますか??(^^)
[PR]

by jun1030. | 2010-04-30 23:59 | あわび本舗

久しぶりの志摩沖でスパ釣炸裂!?

昨日(19日)、志摩の長久マリンさんでボートエギングを堪能してまいりました(^^)

今回は以前からmixiで交流のあったタキタキさんと、同僚のヒデさんとご一緒させていただきました。

僕は昨年から長久マリンさんにお世話になっていますが、船舶免許を取得してからは初めての釣行になるので、釣果も当然ですが船長としてどう攻略していこうかとイメージを膨らませて6時頃に出船となりました。

水温は15℃ちょい。

スパ釣信者とはいえ、春シーズンなのでシャローのキャスティングも視野に入れてのポイント選択になるのですが、スパ釣DVDで活性の上がったタキタキさんがとりあえず手返し良くスパりたいとのことで、昨年よく釣れたポイントに隣接する水深9m~16m辺りをチェック。

ほどよく船が流れるのでエギマル3.5Dからスタート。

早々にタキタキさんがヒット!!
d0087388_21142767.jpg

日頃エギにはアワビシートを貼らないタキタキさんが、フィッシングショーのあわび本舗ブースで貼ってもらったというアワビシート仕様のエギマル3.5Dのヒットでニッコリ(^ー゜)ノ

そしてヒデさんもヒット!!
d0087388_21322029.jpg


船長としては釣れた水深や地形をチェックしながらもガッツリおまたフッキングでヒット!!
d0087388_21345737.jpg

エギマル3.5Dマグマゴールドベース/メタピンク 背パイロットブラック/超ケイムラブルー 腹ナイトグロー(あわび本舗)

最近お気に入りのパイロットカラーです(^ー^)ノ

その後は同じポイントで粘らず、水深5m~20m辺りまでをキャスティングも含めてチェックしていきましたが、水温の上昇が遅いのかわかりませんが、昨年よく釣れていたシャローエリアでは反応がなく、ブレイクに絡む水深15mで連続ヒットなどがありました。
d0087388_2231947.jpg

エギマル3.5D鯖街道 背モンスターナチュラル/超ケイムラブルー(あわび本舗)

このカンナのかかりを見ていただきたいんですが、エギマルのディープタイプが着低するまでのフォールでヒットすることはたまにありますが、4.0Dを含めてこんなヒットをタキタキさんと何杯も連続ヒットするポイントもありました(;^_^A

アオリイカの密集していたのか活性が高かったのか・・・??

にしても、着低のわかるギリギリのエギマルをチョイスすることは重要です(^ー゜)ノ

そんな中、タキタキさんが1.3kgの良型をゲット!!
d0087388_22163694.jpg


10時半頃に長久マリンの社長さんからどんな感じですかと電話があった時点で20杯釣っていたので、このペースだと今日は楽勝ですわ!と電話を切ってから見事に沈黙(;^_^A

水深に合わせてフリーフォールでも狙ってみたり、こんなシーズンなんでアクションもハイピッチ2段ジャークだけではなく、いろいろなしゃくりを試してみました。

ポイント選択もかなり悩み、ポツポツと追加していく中、終盤に差し掛かってヒデさんも1.3kgの良型をゲット!!
d0087388_2249230.jpg


大きくポイントを変えようかと思ったものの、潮の感じが変わったように思えたのでしばらくアタリのあった付近のラインを流してやっと僕も1.4kgの良型をゲット!!
d0087388_22525768.jpg

エギマル3.5D鯖街道 背モンスターナチュラル/超ケイムラブルー(あわび本舗)

その後気を良くして大幅にエリアを変更するものの見事に撃沈でタイムアップとなりました。

結果は伸びきれず3人で28杯(+アカイカ、タコ)の釣果となりましたが、このエリアを熟知した遊漁船船長のブログにも濁りがあって最悪の潮とのことですから、他船の釣果と比べても新米船長の僕としては納得の釣行となりました(^^)
d0087388_2323032.jpg

結果的に当日はエギマルの3.5Dと4.0Dでの釣果で、フォールでも釣れたとはいえ、アクションはハイピッチ2段ジャークが圧倒的に有効でした。

春シーズンだからとシャローのキャスティングのスローな釣りだけではこの釣果は生まれなかったわけですし、ボートの機動力を活かして広範囲に探れたことが良い結果に結びついたのでしょう(^^)v

スパ釣最高!!
d0087388_23161621.jpg

みなさん、ありがとうございました\(^▽^@)ノ
[PR]

by jun1030. | 2010-04-20 21:41 | エギング

エギのカラー、アワビシートのカラーについて

アオリイカはどれだけの視覚をもっているのか?



ある研究では、アオリイカは色覚(色を識別する細胞)が無いということから全色盲で、色はモノクロの濃淡差として表現されることと、明暗に反応する細胞は備えているので、海水中で最も減衰しにくい(青から緑の光)の波長を最もよく吸収するんだそうです。

なので僕は、カラーというよりも、濃淡、コントラスト、シルエット、キラメキを重要視してるんです。

エギングを始めた当初はカラーであーだこーだと悩みましたが、イカ先生とご一緒させてもらってからは、ディープ攻略の特効薬でも書いたように、カラー選択の前にやるべき要素がたくさんありすぎてカラーは二の次になったのは事実です。

だからといって何でもいいでは釣りが楽しくないのと、好みのカラーから生まれる集中力であったり、アワビシートによるアピールというのは釣果アップにつながるものだと信じてます\(^▽^@)ノ

で、僕のカラー論ですが、ボートで広範囲をチェックしていくのと、魚探にベイト反応がなくても釣れることからマッチザベイトというよりもリアクションバイトで抱かせたいと考えています(^^)

とりあえず目立つ!発見されやすい!って感じですね(^ー゜)ノ

エギのカラーについてはシンプルに、ゴールドベースによる背と腹のフラッシング効果であったり、レッドベースによるシルエット効果なんてのを考えています。

そこにアワビシートでのプラスαです。

まず定番の背にはコントラストを出せるカラー(ピンクにブラック系等)と、馴染みやすいナチュラル系を中心としています。
d0087388_063531.jpg

そしてフォールでアピールすることの可能性でも書いたように、フォールでよりアピールさせたいと思い、数年前より腹部にもアワビシートを貼っていますが、模様や柄があるようなタイプ(マーブりん)や、最近はグロー系を好んで使用しています。
d0087388_0115958.jpg

あくまでも個人的な考えですが、光量の少なくなる深場や濁りのある状況で、キラッとした反射や輪郭をはっきりさせることはすごく有効じゃないかと思ってます。

つづく・・・
[PR]

by jun1030. | 2010-04-14 22:25 | あわび本舗

フォールでアピールすることの可能性

僕がエギにアワビシートや超ケイムラコートを施す理由の一つフォールでアピールさせたいというのがあります。
d0087388_21365169.jpg

HPが新しくなりました→あわび本舗

僕がメインとしているボートエギングでの個人的なアワビシートの考え方はこちら→ディープ攻略の特効薬


ここでいうフォールというのは、エギが着水してから着底するまでの間のことで、アクション後のフォールはまた別としておいてください。

そう、スパ釣でいうとエギマルが真っ逆さまに急降下して着底するまでです。

そこって重要?

とか言われそうですが、僕の勝手なイメージなんでお暇な方はお付き合いを(;^_^A

スパ釣では着底→ハイピッチ二段ジャーク→テンションフォール(水平移動)が1セットで、アタリがなければフリーフォールで着底させるという一連の流れですが、1セット目にアタリがあることが多く、早い段階で反応があるように思います。

状況やポイントにもよると思いますが、船が流れないからと上記を5セット繰り返してもあまり釣れたイメージはないんです。

そこで、

ちょっと古い雑誌に水族館でアオリイカを飼育している方の記事がありました。

水槽では毎日同じ環境で飼育されていて、水温は18℃でエサは死んでいるキビナゴ。

自然界とは違うかもしれませんが記事で注目した部分は…

アオリイカは好奇心旺盛で、お腹がいっぱいでもとりあえず抱きつくという習性がある。

エサを水槽に入れた途端、距離があるところで別の方向を向いていても一斉にエサのほうへ目を向けることから視力は良く上下前後左右のどちらでも見えている。

その中でも興味を示すのは自分より上の位置にあるもので、海面に落としたエサに敏感な反応を示すアオリイカは落ちてくるエサから目を離さない。

という内容からすると、捕食だけではなく、海面から落ちてくるエギに反応して追いかけ、エギが動くとリアクションで抱きついてしまうということが考えられるのではないだろうか。

そこで、アワビシートによるコントラストの変化や、紫外線に反応する超ケイムラコートの効果で、より遠くにいるアオリイカにアピールできれば釣果アップにつながるのではないかというわけです(^^)v

つづく・・・
[PR]

by jun1030. | 2010-04-10 21:37 | あわび本舗

スライドストラップ

昨日、家族で花見とショッピングに行ってきた\(^▽^@)ノ

奈良県のイオンモール橿原アルルにある『まねきねこのて 招喜屋』というお店に、嫁が興味津津で見つめている商品があった(^^)

d0087388_0474163.jpg


どうも、いろいろなチャームと呼ばれるパーツを組み合わせてオリジナルの携帯ストラップが作れるようです。


例えば、こんな感じに、
d0087388_133043.jpg

ストラップの留め具を外してパーツをスライドさせるだけ。
d0087388_164832.jpg

で、完成(^ー゜)ノ
d0087388_174958.jpg

こりゃ、プレゼントにもいいかも(^v^)

招き猫のパーツがたくさんあったので、次回はあわび本舗バージョンを作ってみようかなぁ~(^^)
[PR]

by jun1030. | 2010-04-07 01:13 | ファミリー