おりょりょ日記


趣味の釣りメインのブログです\(^▽^@)ノ 近年はボートエギング(スパイラル釣法)を中心に、いろいろなルアーフィッシングを堪能しております。現在、あわび本舗のモニターです(^^)v
by jun1030.
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク
お気に入りブログ
タグ
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:焼酎 ( 7 ) タグの人気記事


エギマルSDで釣った大物!?

2月の紀伊長島ボートエギングは1杯だけという貧果でしたが、新鮮なアオリイカが食べたいと言う嫁のお友達宅に届けたわけです。

d0087388_233438.jpg「すごく甘くて美味しかった!」

その言葉で僕は十分満足なんですが、先日、そのお友達からイカのお礼にとプレゼントをいただきました。

それが、この赤霧島

僕の飲んでみたい焼酎ベスト10にランキングされていた焼酎だけに、2kgアップを釣ったかのように喜んでしまいました(;^_^A

さすがはエギマルSDの陸奥チェリー(アワビ仕様)
いい仕事をします\(^▽^@)ノ

じっくりと飲まさせていただきますね。にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
[PR]

by jun1030. | 2007-04-05 23:21 | 焼酎

黒鉄幹の新焼酎?

みなさん新焼酎というのをご存じでしょうか?

ワインにヌーヴォーなどがあるように、焼酎にもその年の一番最初に蒸留したものを新焼酎というそうです。

通常の焼酎は、蒸留後、貯蔵・古酒とのブレンドなどを経て一定のやわらかさを演出して商品化され、新焼酎の場合は、蒸留後すぐに瓶詰めされます。

特徴としては、採れたての芋の旨みが多く含まれ、若く華やいだ香りや甘さが高く原料の持ち味を一番活かした焼酎と言われてるそうです。

d0087388_2158434.jpg
とあるサイトで『鉄幹黒』が美味いと記載されていて購入しました。

今まで飲んだことのないようなキレがあり、最初はビックリしたのですが、食事との相性もよく、すごく満足した一本となりました。

その後、気に入ったので一升ビンで購入。

この時に気付いたわけです。新焼酎との違いに・・・


最初に買ったのが新焼酎で、後のが通常タイプ。

ボトルを見ると、赤い部分に申し訳ない程度に新焼酎と書いてあるのですが、ハッキリ言って全く別物の焼酎です(;^_^A

キレのある新焼酎に比べ、通常のは甘くて角が無いというか、スッとノドを通っていく感じ。

通常のもすごくよくできた焼酎だと思うのですが、個人的に、この鉄幹黒は新焼酎のほうが好きですね。

また他の銘柄も新焼酎と飲み比べてみなくては(^-^)/

鉄幹黒 ★★★☆
鉄幹黒新焼酎 ★★★★
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
ポチッとよろしく
[PR]

by jun1030. | 2007-01-26 22:09 | 焼酎

ホームズ(Home`s)

嫁が好きなホームセンターのホームズ(Home`s)

コーナンを少し明るくオシャレにしたような店舗(失礼(;^_^A)

よく行くのは、嫁の実家から近い南津守店と、昨年3月にオープンした堺浜店です。

僕が好きなのは堺浜店。

d0087388_2328417.jpg理由の一つは、ペットや熱帯魚などがたくさんいるので、2歳の子供から見れば動物園と水族館を同時に楽しんでいるようなもの。

嫁が買い物してる間の時間稼ぎになるわけです。

それと店内にはタックルベリーという中古釣具を扱う店もあり、そこでは有料ですが、鯉釣りや金魚釣りもできるので、子供がもう少し大きくなると一緒に楽しめそうです。


そして1番の理由。

d0087388_23371465.jpg堺浜店にはスピードというディスカウントショップがあり、いつものことながら焼酎がたくさんあるからです。(;^_^A

しかも、ここにはあのプレミア焼酎の王様『森伊蔵』もおいてあるんですよ。

38000円(税込39900円)で…

一度は飲んでみたい焼酎ですが、僕はこの値段ならたとえ宝くじが当たっても買うことはないでしょう…(;^_^A

ここのお店は安い焼酎もたくさんありますが、希少価値がある焼酎は少々高く設定されているのでご注意を。

にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
[PR]

by jun1030. | 2007-01-25 23:48 | 焼酎

若松酒造 芋の涙

d0087388_22244261.jpgこの息子が持っているペットボトルに入っているのは水ではない。

羽曳野警察署前にあるパワーマックスという酒屋さんで甕に入って量り売りをしている『若松酒造 芋の涙』という芋焼酎である。

お客さんに教えてもらったのだが、2リットルで1596円と、なかなかリーズナブルで美味いんです。

ネットで検索してもなかなか探せないので、オリジナルだろうか?

近くにお住まいの方は一度お試しあれ。

★★★☆

にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
[PR]

by jun1030. | 2007-01-20 22:28 | 焼酎

りんくうでショッピング

今日は家族3人でりんくうへショッピングに行ってきました。

りんくう方面に行くと、イオンりんくう泉南プレミアムアウトレットをはしごするのがいつものパターン。

イオンのダイヤモンドシティは近辺に北花田(プラウ)鶴見(リーファ)、奈良の橿原(アルル)などがあり、どこもフードコートなどファミリーで楽しめる環境になっているのですが、僕はこのイオンりんくう泉南が1番のお気に入り!

なぜかと言うと・・・

Sho-Chu AUTHORITY』という焼酎の専門店があるから。(;^_^A

ちなみに、大阪にはなんばパークスとここにしかないので、近くの酒屋やスーパーにはない珍しい銘柄がないか探すのが楽しいのですよ。

d0087388_1645628.jpgありました。

7本も・・・

さすがに7本は多いのでしぼることに・・・

前から飲んでみたかった『ないな?』と『霧島川
そして、キレがいいと店員の兄さんオススメの『龍宝』の3本購入。

どんな味がするのかな?

また追々コメントしてみたいと思ってます。


そしてプレミアムアウトレットへ。

ここは駐車料金がいるので、3時間無料にするために、1店舗で3000円以上の買い物がノルマ。

d0087388_16154117.jpgこれっといって欲しいものがあったわけではないのですが、NIKEで夫婦してトキメク靴を発見!

そして購入。

あるときはこんなもんです。

その後もつり具のブンブンで激安メバルロッドを購入と、今日は買い物三昧でした。
[PR]

by jun1030. | 2007-01-15 23:59 | ファミリー

『月の中』と『さつまげんち』

d0087388_21443598.jpg僕が芋焼酎にどっぷりはまったきっかけになったのがこれ。
岩倉酒造場の『月の中』(つきんなか)である。

友達の家にお邪魔した時、「もらい物だけど、芋焼酎は飲まないからよかったら持って帰って」の言葉に、僕も飲まないのに意地汚く持って帰りました(汗)

次の日に晩酌でいただくと、くせが少ない部類になるのかわからないが、美味しくいただけ、それから毎晩いただくことに。
この芋焼酎なら購入してもいいなとネットで調べたら、高いんです・・・
そう、プレミア焼酎っていう代物だったんですね。

それからです、いろいろと芋焼酎を探すようになったのは。

d0087388_2148012.jpgそして、とあるサイトで月の中と香りが似ていると記載されていたので、思わず購入したのがこれ。
オガタマ酒造の『さつまげんち』である。

量産できない昔ながらの「げんち芋」を使用しているからかはわかりませんが、僕のなかでは芋らしい芋焼酎だと思ってます。
値段が3000円と少々高めですが、もう一度買ってみたい一本ですね。

最近はいろいろな居酒屋等で芋焼酎を飲み比べているわけですが、やはり家で何日かかけて飲んでこそ好みがわかるというものだと思っております。

そしてまたしてもえらそうな評価になるのですが、
月の中 ★★★★☆
さつまげんち ★★★★
ってな感じなのですが、芋焼酎が体になじんできた今現在、もう一度、月の中を飲んだらどう評価するのかは僕もわかりません(爆)

普通の値段で売ってたらなぁ・・・にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
[PR]

by jun1030. | 2007-01-09 22:11 | 焼酎

黒石岳

d0087388_0273267.jpg今年に入ってから、やっと芋焼酎の美味しさに気づき、最近はどっぷりとはまっているしだいです(笑)

なかなかプレミア焼酎と呼ばれるものまでは金銭的に辛いので、近くのスーパーなどで普通に販売されている物から自分の口にあったものを探してます。

この黒石岳はおじさんからいただきました。
僕は基本的にロックでしか飲まないのですが、透明感があり、あっさりと飲みやすい焼酎です。
なかなか味の表現を文章にするのは難しいですね(汗)

えらそうに星などで評価してみると
★★★☆ (満点は★★★★★)
ってな感じです。

あくまでも個人的な好みなので、あまり気にしないでくださいね。

みなさんのオススメ焼酎がありましたら教えてください。
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
[PR]

by jun1030. | 2007-01-01 00:47 | 焼酎